動き出す販促手段最前線


このエントリーをはてなブックマークに追加


今年に入って、まだ間がないが、様々な販売促進手法が動き出している。
当然、あの手この手、また、目新しい販促手法などなど。皆、それぞれ頑張っ
ている感じがしていて頼もしい限り。ということで、ボクが、今年に入って、
これは!っていう気になっている販促手法をまとめてご紹介しておく。

●関西ウォーカー「本気の焼肉」

まずは、雑誌なのだが、休刊、廃刊が続く雑誌業界の中で、一日300回Twitter
で玉置編集長がつぶやく事によって、売上が伸びたというのが関西ウォーカー。
これは、凄いことだと思って、中身を見ていると「なるほど」という工夫が。
というのは、雑誌の中に入っているのはクーポン券なのである。焼肉特集で、
焼肉の割引券という、考えれば当たり前なのだが、このクーポンが雑誌購入に
結びついているみたいだ。

さらに、新年号ということもあって、関西のスーパー温泉が100円になるという
クーポンも。1200円の入浴料が100円になるなら、380円の雑誌を買うのは安い
ものだ!という発想。これは、ひょっとしてアリなのだろう。雑誌もまだまだ
工夫次第では伸びる可能性があるということだ。


●ダイワハウス「コクーム」

女性がひとりになれる部屋が必要というコンセプトのもと、様々な生活提案を
しているのであるが、1月10日の夜に、なんと、Ustreamを使った生ドラマを
展開。Twitterの質問に、主人公の直子が答えていくというインタラクティブ
な設定は新しい試み。将来的に、この様なプロモーション系のUstream生番組
が増えてくる予感がする。

●「松屋フーズ」のiPhoneクーポン

これ、考えようによっては、色々と使えそうなクーポン。アプリなので、当然
ゲームの要素を入れれば、様々なインタラクティブな展開もできるはずだ。
「クーポン+ゲーム+スマートフォン」の分野は、まだまだ今年面白い事例が生
まれて来るに違いない。

●ヘパリーゼコンテスト 〜あなたの失敗談100万円で買います〜

「お酒の失敗談を100万円で買います」というコンテスト。それをTwitter上で
つぶやいて下さいというものだが、システム的に良くできている。まず、この
コンテストサイトと自分のTwitterのIDを紐付けする。すると、投稿できる様
になるのだが、自分の失敗談を投稿すると自動的にヘパリーのTwitterのIDを
フォローすることになる。さらに、色々な人の失敗談をRTすることによって、
情報を拡散していくという仕組み。手作業する事が一切ないプロモーションの
仕組みとしては、大変、好事例だといえる。

●コカコーラパーク「100万円あたる」
あと、コカ・コーラ パークの「スゴイ自販機」が1月17日16:00スタートとい
うことでティザーが公開。100マンエン アタル!?何が開始されるのか気にな
るところ。

ざっと、今年になってから、気になった販促事例を書いてみたが、如何だろう
か?また、皆さんも気になった事例とかあれば、教えて頂きたいものである。









  • 2011.01.12 Wednesday
  • 日ごろの日記
  • 17:04
  • -
  • -
  • by mark403