懸案事項は表面化させ、できないものはやめる勇気が必要


このエントリーをはてなブックマークに追加

写真素材 PIXTA
(c) jazzman写真素材 PIXTA

今週前半、色々な懸案事項が浮かび、もやもやした気持ちで過ごしていた。
いくつか重なり、今年のスケジュール帳を買い換えようか?と思える位の出来
事であったわけだ。

年末に「2011年は、こうしよう!」と計画していたことのある部分が、早くも
崩れさったわけだ。始めは「どうしたら、計画通りに行くのか?」と考えてい
ると、2日位経過してしまっていたのだ。

「どうしたら、計画通りに行くのか?」と考えて、あの手、この手をうったの
だが、相手があること。こちらの思う様には事が運ばない。結局、「どうした
ら、計画通りに行くのか?」という考えが、間違っていることに気がついた。

いや、間違っているのではなく、大きな修正をかけるという判断が必要となっ
たわけだ。そうなると、関係する各所に連絡を入れなくてはならない。後ろ向
きの作業だ。

「すみません。私の努力が至らなかったので、○○の計画は一旦白紙に戻りま
した」というメールを昨晩、関係各所に書いた。で、今朝、起きたら、大きな
問題は解決していないのだが、何だか、この3日間のいやぁ〜な気持ちが吹っ
切れた様な気がした。

今となっては、この時期に白紙も戻ったのは、むしろ良かったのかも知れない
とも思っている。この先、一年間うまくいかないまま事業を進めていたら、一
年間辛い思いをしたかも知れないので、この時期だったから良かったのだと思
う。

「懸案事項」という言葉がある。
「懸案事項」の懸案の意味をYahoo辞書で調べると、下記と記されている。

『前から問題になっていながら、まだ解決されていない事柄』

そう、そもそもが問題があったのだ。そして、すっきりするためには、懸案事
項は、まず表面化することが大切だ。手帳に書き出す、自分に懸案事項一覧と
Subjectに書いて、自分にメールを送る。

そして、それぞれの懸案事項に対して、どうしたら、○○できるのだろうか?
を考える。前向きに考えられる時は、方向性を出す、行動に移す。そして、
TO DOに落とすということになる。例えば、こうだ。

懸案事項/体重を1ケ月に3kg落とそうと思ったが、逆に1kg太ってしまった。
          ↓
「どうしたら、ダイエットに成功できるだろうか?」
          ↓
(1)夜の宴会に、月10回行っているのを半分に減らす
(2)ジムに週3回かよって、5km×3回は走る。

とする。これが、守れる様なら、頑張ってやれば良い。が、宴会を減らすこと
は無理、ジムに行く時間なんて絶対とれない、という場合、どうするか?今月
は無理だと諦める。そうあっさりと諦めるのである。そして、1ケ月後の日付
の手帳の覧に、再度、「ダイエットについて、今年2回目の検討を行う」と記
載するのである。

「懸案事項」の懸案は、
『前から問題になっていながら、まだ解決されていない事柄』であるが、今、
無理なものは無理なのである。であるならば、懸案事項は表面化させ、できな
いものはやめる勇気も必要であると思う。

ダイエットしようと思っているのに、夜の宴会にダイエットを気にしながら行
く、ジムに行きたいが仕事が忙しくて…と思いながら仕事をするというよりも、
一旦、それは、できない、無理と諦めて、来月の検討する時間までに、他の方
法はないか?研究しようと考えた方が余程、建設的だと思う。

一番、ダメなのは「懸案事項」を懸案事項のまま、持ち続けていることだ。よ
く毎週、売上会議をして、同じ様な問答を繰り返している会社がある。懸案事
項は、毎回、「売上を上げる」がテーマであったりする。毎回同じであったら、
意味がないので、「売上を上げる」というテーマを一旦諦める。その変わり、
社内の効率化を考えて「社内清掃」をテーマにしてみる。「営業マンの移動時
間の効率化」をテーマにしてみる。そうすると、新しい売上増加方法が見えて
来ることだってあるのだ。

そう、時には、やめる勇気が必要なのだ。
ということで、ボクの手帳には、今週の金曜日、つまり明日なのだが、
「今年の計画を再度作り直す」と記載されている。

JUGEMテーマ:ビジネス








  • 2011.01.27 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 12:08
  • -
  • -
  • by mark403