新・ぶらさがり症候群を撲滅するために、唯一自分ができる事。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 『自由な時間を持ち、

 プチリッチで、

 楽しい仕事でき、しかも安定している。


 その3つをバランスよい人生を送ること

 を目標にする。』


これが、昨日、ボクが決めた自分の目標。


自由な時間の目標でいうと、1ヶ月30日間あるとすれば、

10日間は仕事をして、

10日間は家族や社会のために使って、

10日間は自分の為に使う。

こんなバランスが理想だと思ったりする。


次に「プチリッチ」なのだが、

上記の時間配分で生活を送りながら、収入は月額100万円は確保。

しかも、それほど不安定な要素がなく、複数の収入源を持っている。


その条件として、嫌な仕事はしない。

自分が楽しい仕事だけをする。

というのが、目標だったりする。


しかし、その反対な考え方をする人たちの事を

「新・ぶさらさがり症候群」というらしい。


辞めません、でも頑張りません――「新・ぶら下がり社員」現る 

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1101/13/news002.html


ここの人たちは、どの様な人かと言うと、


  辞めません。でも、頑張りません。会社を辞める気はない。

  でも、会社のために貢献するつもりもない。

  そんな30歳前後の社員が増えている。

  彼らのことを「新・ぶらさがり社員」と呼ぶ。

  新・ぶらさがり社員は目的を持たない。

  目的がないゆえに、会社では時間を「潰す」ことに明け暮れ、

  常に70%の力で仕事に取り組む。


とのことらしい。

では、何故、ぶらさがりになったのだろうか?

ここの記事では、


1.自分へのあきらめ

2.組織へのあきらめ

3.未来へのあきらめ


とある。


自分へのあきらめ、組織へのあきらめに関しては、

個人的なものもあると思うので、ボクにはどうすることもできない。

が、未来(社会)に対するあきらめに関しては、40代、50代の責任もある。

これは、端的にいうと「目指すべきカッコいい大人が少ないのだ!」


誰だって、カッコ良い大人になりたいと思っているはず。

しかし、イチローみたいにストイックに生きたいとも思っていないし、

キングカズみたいに、ボロボロになるまでサッカーをやりたいとも思っていない。

石川遼くんの年齢はとっくに過ぎているので、論外であって。


ましてや、尊敬できる政治家は皆無。

誰も、総理大臣になって、管さんみたいに日本を動かすのだ!

なんていう目標を持たない。


しかし、問題解決の糸口がないわけではない、とも思う。

会社の中で、きっと、カッコ良い人と、あきらめムードの人が混在しているはずだ。


あきらめムードの人は、「ぶさらさがり症候群」になりガチだろうが、

カッコ良い人は、何かにつけ、アクティブな面があるはずだ。


⇒自分へのファッションにこだわりを持っている

⇒朝、誰よりも早く行動を起こしている

⇒夜、仕事関係以外の人と積極的に交流している

⇒仕事は100%以上のものをこなす

⇒自分が正しいと思ったら、上司ともガンガン喧嘩している  などなど。


もし、自分の部下に、「ぶさらさがり症候群」的な人がいたら特にそうだ!

彼らを批判しても、評論しても仕方ない。

自分が、彼らの目標になる様に振る舞うしかないのだ。

そして、そんなアクティブな上司や先輩を会社の中で増やす。

社会の中で増やす事が大事なのじゃないかと思ったりする。


そう、ボク自身は、冒頭に書いたように、


『自由な時間を持ち、

 プチリッチで、

 楽しい仕事でき、しかも安定している。


 その3つをバランスよい人生を送ること

 を目標にする。』


という事で、カッコいい大人を目指していこうと思っていたりする。

あなたも、社会のため、会社のため、可愛い後輩のためにも、

気持ち「ぶさらさがり症候群」にならないで、


是非とも、積極的に、カッコいい大人を目指して欲しいものである。


書籍も発売されているのですね。

Amazonのリンクです。


「新・ぶら下がり社員」症候群

1575円 吉田実 著作









  • 2011.05.16 Monday
  • 気になるNewsClip
  • 09:27
  • -
  • -
  • by mark403