千原ジュニアが語る「できるビジネスマンの3原則」


このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩、深夜のテレビ番組を見ていたら、
千原ジュニアが出演してて、漫才コンビ「男と女」の女性の方、
和田ちゃんの家に行っている様子が放映されていた。

内容は、どうやら千原ジュニアが派遣されて、和田ちゃんの家を
どうにか綺麗にするというもの。

ま、いかにも深夜番組っていう様な感じなのだが、
その中で、ジュニアが言っていた言葉に、

売れている芸人は、ある共通なことがあるのを発見したとのこと。

それは、

1.顔が怖いこと
2.絵がうまいこと
3.部屋が綺麗なこと

の3つだそうだ。

1.顔が怖い。

そもそも、ジュニアにしても、紳助にしても、そして、さんまちゃんにしても、
それほどイケメンでもない。特に紳助などは笑顔でなければ、相当怖い部類の
顔だ。

しかし「紳助=怖い顔」という印象はない。というと、見え方に相当努力して
いたと思われるのである。普通に見える人がオモシロそうという努力をする
よりも、怖い顔の人がオモシロそうという風に見える努力の方が大変だろうから
その努力の量を克服した人が結果的に売れているのだろう。


2.絵がうまいこと

自分が思い描いているディテールを表現するのに、
それは漫才で言葉で表現するのも、絵で表現するのも、あまり変わらないとのこと。
これも、実に理に適っている話で、まず、自分の思い描いていることを絵や図で、
表現できる人は、実際のビジネスでも、確かにできる男になる。
ボク達も、打ち合わせのシーンやプレゼンのシーンでは、できるだけ絵や図を
使ってみたいものだ。

3.部屋が綺麗なこと

これは、ジュニアが言っていたことなのだが、芸人で売れている人は、
全員、部屋が綺麗であるということ。
見た感じ、紳助にしても、さんまにしても、タモリにしても、
確かに綺麗好きっぽい。ある意味清潔感があると表現してもイイのだろう。
これは、人前に出る人は、全員意識した方が良い。

なでしこジャパンの佐々木監督は、奥さんに、
「昔、会社で仕事ができたの上司がいたけど、鼻毛が出ていたというだけで、
信頼と尊敬が減った。だから、あなたも気をつけて!女性って、そういうものだがら」
と助言されて、鼻毛処理をしているという話もある。

身だしなみ、清潔感、と部屋が綺麗とは通じる事だと思う。



●結局、できるビジネスマンは?

さて、ここまで、ジュニアの話として、書いて来た。
これらは芸人の話であるので、外見の話が、やはり多いという印象を受ける。

しかし、逆に考えれば、一般ビジネスマンも、
外見に注意すれば、それなりに「できるビジネスマン」に変身する
可能性があるのだ。

怖い顔は、いまさらできないので、さておき、

1.毎日、朝、鏡の前で、身だしなみと笑顔の練習をする
2.思った事を絵や図にしてみる練習をする
3.自宅や職場の自分の周辺を清潔に保つ


これだけで、ひょっとしたら、劇的に貴方は変わるのかも知れない。
ま、とりあえず、ボクは、しばらく、この3つを意識してやってみようと
考えている。









  • 2011.09.15 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 15:38
  • -
  • -
  • by mark403