元祖もっている男・新庄剛志が横浜の監督に?


このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、何かの番組で新庄剛志が出演していた。
知らなかったが、今、バリ島に住んでいるみたいですね。

ボクは、新庄剛志ほど、もっている男はいないと思っていたりする。
なにしろ、鉛筆を転がして、クイズミリオネアで1000万円を獲得したんですからね。
有名な話ですが。

しかし、ここまで来ると、
もう、もっているとしか言いようがないんじゃないかと思ったりする。

鉛筆を転がして、1000万円当てる男には、
きっと神様が味方しているに違いない。
と、思っている人は、きっとボクだけじゃないと思う。

そう、新庄剛志の研究は、ボクが勝手に師匠と呼んでいる、
「名言セラピー」で有名なベストセラー作家、ひすいこたろう氏も、
色々としている。

それを紹介する前に、一度、神様の気持ちになってみる。
なれないと思うけど、無理やりなってみる(笑)。

あなたに1000万円を渡すと、何に使いますか?
貯金ですか?車ですか?家のローンの返済ですか?

普通は、自分のために、もしくは、家族も含めた自分たちのために
使おうとしますね。

しかし、新庄剛志にお金を渡すと、
他人の笑顔のために、彼はお金を使おうとする。
すると、笑顔は2倍になる。
新庄剛志の笑顔と、新庄剛志が使うお金で笑顔になれる人で
2倍笑顔が増えるのだ。

あなたが神様だとしたら、
あなたに1000万円渡しますか?新庄剛志に1000万円渡しますか?
答えは、決まっていますよ、ね。
あなたが神様だったら、コストパフォーマンスを考えますよ、ね。



さて、そんな新庄剛志のエピソードを、ひすいこたろう氏は、こう表現していた。


新庄さんが、メジャーにいたころ、ニューヨークでタクシーに乗る際、
いつも、多めに料金を払うそうです。

この乗り方だけでも、すごいカッコいい話だと思うのだけど、
何故、料金を多めに払うのだと思いますか?


それは、次の一言に、込められているんですよ、ね。
料金を運転手さんに、料金を払ったあとに、こう言うそうです。



『次に乗った
日本人をよろしくね』と。


そうすると、どうなると思います?
それを聞いた、タクシーの運転手さんは感動するだろうし、

感動して、次乗った日本人にそれを話しますよ、ね。
そんで、もって、その日本人は日本に帰って友人、知人に、
また、めちゃくちゃ話すだろうし、
それを聞いた人は、また、次の人に話をするだろうし。。

こうして、新庄さんがタクシーに乗っただけで、
そんなにみんなから愛されるなら
神様も、みんなも、味方しちゃいますよ、ね。


と、こんな感じの話だったと思う。

さて、同じことをしてても、
あなただけが喜ぶ考え方と、みんなが喜ぶ考え方がある。

飲食店をやっている人が、お店をリニューアルして、
これで、また儲けるねん。と考えるのと、
これで、また、お客様に喜んでもらえるねん。
と、考えるのと全然違うのじゃないだろうか。

WEB制作者が、新しいMacを購入した時、
メッチャ自分が嬉しいと考えるのか、
このMacで、お客様に早くて良いモノが提供できると考えるのか、
全然違ってくるんじゃないだろうか。

コンビニひとつとっても、雰囲気は伝わる。
ボク自身、近いけど、できるだけ行かないコンビニや、
多少遠いけど良く利用するコンビニがあったりする。
接客態度が違ったりするからだ。

映画見に行くのでもそうだ。
映画を見て「あー楽しかった!」で終わる人と、
映画を見て「あっ、このネタを話したら、お客さん喜ぶだろうなぁ〜」
と思ってみている人と違うのだろうと思う。


さぁ、あなたも、もっている男、もっている女になるために、
新庄剛志研究をしてみてください(笑)。

ということで、なにやら、本当か、ウソか、彼が横浜の監督になるかも?
っていう記事があったので、「もっている男」を思い出してしまいました。

新庄剛志 監督就任!? 横浜ベイスターズ 球団譲渡、DeNAなら濃厚
http://tabetainjya.com/archives/sports/_dena/

ということで、本日は、この辺で。









  • 2011.10.25 Tuesday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 09:09
  • -
  • -
  • by mark403