この際だから、好きなことで飯を食いたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「この際だから、好きなことで飯を食いたい」
「いやな仕事をするのは、もう勘弁して欲しい!」
「納期がキツい仕事は、断りたい!」
とか、思っている人は多いだろう。

でも、好きなことを飯のタネにしている人って、実はいるんだよね〜。
(当たり前だけど)

しかし、そこには、ある法則がある様な気がする。

まず、その「好きなこと」って、何ですか?
そして、その「好きなこと」って、誰よりも好きだ!っていえますか。
ライバルが現れた時点で、ダメだ、負ける、と思っているのなら、
もう、その時点で、どうしようもないということに
なってしまうんだと思うんですよ、ね。

ですので、もし、好きなことで飯を食べたいと思うと、
トコトン好きなことを探す作業が必要なのだと思ったりする。

そこそこ好き位じゃダメなんだと思う。
トコトン好きじゃないとダメなんですね。

で、そんな実例はないものか?
と探してしたら、

カジュアル起業「好きを究めて自分らしく稼ぐ」
という本の中にあった。

下記のプラモ自慢投稿サイトが、そうみたいだ。

モデラーズギャラリィ
http://www.modelers-g.jp/


<管理人のページから>
名前: A-kei(エイケイ)
性別: man
趣味: ヤフオクでかっこいいガンプラ完成品を眺めてはため息。

自分ではプラモは素組みしかできません(泣)


<当サイトから>

MG-モデラーズギャラリーは、ガンプラファンである
管理人A-keiが運営している個人サイトです。

【2010年6月現在】
月間訪問者数  :10万人(ユニーク利用者数)
登録モデラー数 :2100名
閲覧者数数   :10万名
月間アクセス数 :300万PV(拡大画像画面含まず)

とのこと。
このサイトが紹介されていた「カジュアル起業」の本によれば、
管理人は、サラリーマンであって、このページ自体は、
まだまだ副業レベルみたいだが、
今でも、アフリィエイト収益やバナー広告などで、
月間数十万の稼ぎになっているみたいだから
そのうち、本業の稼ぎを抜きました。

みたいな日も遠くないのかも知れないと思う。

さて、成功のポイントを考察すると、
先に書いた様に「そこそこ好きじゃなくって、トコトン好きである」
という点に加えて、とにかく、成功するまでやり抜くっていうこと
かと思う。

それこそ、そこそこ頑張っているのは、
やっていないのと同じ。
そこそこ頑張るくらいであれば、時間がもったいない。
そんなに時間を費やすなら、漫画でも読んでいる方がましなのである。

結構、頑張っているのも、
やっていないのと同じにみられることが多いのが、今日の評価ではないだろうか。

メッチャ頑張っているとか以上に、

「あいつ、この頃、頭おかしいんじゃない?」位頑張って、
始めて評価されるのが、今日のネットビジネスの様な気がする。

また、自分ひとりが頑張るのではなく、
多くの人が使えるとか、
多くの人が投稿して成り立つとか、
そんなサイトコンセプトじゃなければ、成り立たないのが、
今日のwebサービスのあり方じゃないのかとも思う。

その辺のポイントを押さえた上で、

「この際だから、好きなことで飯を食いたい」
と考えておられる方は、面白いサイトづくりに挑戦するのもひとつの手かも
知れない。

今日、そんなことを考えていた次第である。


本日の参考図書

カジュアル起業 好きを究めて自分らしく稼ぐ
出版社: 毎日コミュニケーションズ (2011/4/26)
箱田 高樹 (著) 









  • 2011.10.27 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 17:24
  • -
  • -
  • by mark403