マイクロブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加

C-NETによれば、マイクロブログが盛んになってきているとの事
マイクロブログとは何かと言うと「ユーザーが短いテキスト(通常200字以下)を書いて、それを公開することを可能にし、誰にでも見られるようにするか限られたグループにだけ見られるようにするかをユーザーが設定できる形態のブログ」と定義されているらしい。

Twitterに代表されるこれらの分野。なにやら時代が回ってきている感じがしているのは、僕だけだろうか。これは、昔で言うなら、2003年前後に韓国から上陸したアバターコミュニケーションやその前からあったチャット文化、メッセンジャー文化に非常に似ている感じがある。

一旦、これらの要素は、SNSやBlogに吸収された様に見えたが、再び表面化してきている感じがする。

というのも「SNSやBlog」に、日記を掲載するというのは、非常に荷が重くなっている方も多い。いわゆる、良くも悪くもストックされる文字文化が、そこにあるからだ。それと比較して、マイクロブログの分野は、ストックではなく、フロー文化。そして、気楽なのだ。この分野が台頭しきているのが当然といえば、当然だが、これらのトレンドを如何に商売に使っていくのかを、考えるのには、ちょっと辛い分野かも知れない。

しかし、色々な情報を収集して、考察していきたい分野である事は確かな様だ。










  • 2007.09.26 Wednesday
  • WEBマーケティング
  • 18:34
  • -
  • -
  • by mark403

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック