ベッソンの豪華な娯楽作品「フィフス・エレメント」


このエントリーをはてなブックマークに追加

TSUTAYAの旧作レンタル半額につられて、いつも六本木店へ。
さて、さて、今回は、ベッソン監督のものを借りてみようと「サブウェイ」と「アトランティク」を探しに行ったのですが、どちらもなく仕方なく、フィフス・エレメントを借りてみました。

しかし、豪華な役者のラインナップですねー。
ブルース・ウィリス, ミラ・ジョヴォヴィッチの2人が主演で、その脇をゲイリー・オールドマン, イアン・ホルム, クリス・タッカーが固めるという感じ。
ストーリーはSFチックな展開になるのだが、SFなら他に、大作があるから、ベッソンがしなくても良いのでは??って、ちょっと思っちゃいました。やっぱり、ベッソンは、グランブルーとか、レオンとか、ニキーターとか、ちょっとスリリングで人間臭い感じの作品の方が似合っている様な気がします。ま、中途半端なハリウッド映画と思えば楽しめましたけど…。

フィフス・エレメント [DVD]
フィフス・エレメント [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

今年見た29本目のDVD。








  • 2008.12.21 Sunday
  • DVD評価コーナー
  • 16:24
  • -
  • -
  • by mark403

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック