【NewsClip】2006年の日本の広告費は5兆9954億円-前年比0.6%増


このエントリーをはてなブックマークに追加

電通から2006年度の広告費が発表されました。
2006年の日本の広告費は5兆9954億円で前年比0.6%増という結果が発表。

媒体別で見ると「テレビ広告」(前年比98.8%)、「新聞広告」(前年比96.2%)と減少、「4媒体広告全体」(前年比98.0%)という結果。一方、マスメディア以外の広告(POP、屋外、交通、BSデジタル放送、インターネット広告)が伸びている模様。中でも、インターネット広告に関しては、前年比129.3%となり、3630億円(うちモバイル広告費390億円、検索連動広告費930億円)となった模様。

個人的な感想だが、この辺のインターネット広告の顕著な伸びは、想定内と思われるが、エリアマーケティングなどの交通広告とネット広告との連動など、大企業のみではなく、中小企業のクロスメディア対応が進めば、一層伸びが見込める分野と考えられる。いずれにしても、ネット広告で、今まで「広告予算」というものを持たなかった中小企業がアドワーズなどに参入してきて、その感覚を身に付けてきているのは、今後のマーケットに影響をもたらすものと思われる。

電通の発表資料
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2007/pdf/2007014-0220.pdf








  • 2007.02.21 Wednesday
  • 気になるNewsClip
  • 10:41
  • -
  • -
  • by mark403

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック