目標は結果から決める習慣を身につける


このエントリーをはてなブックマークに追加

写真素材 PIXTA
(c) OKA写真素材 PIXTA

新年、明けましておめでとうございます。
今年もどうか宜しくお願い致します。

さて、本日よりお正月気分も完全にはぬけ切らず、試運転の方もおられると思
うが、休み中に今年の抱負や目標などを決めた方もおられるのではないだろう
か?そして、その目標っていうのは、はたして、どの様な目標なのだろうか?

今年こそは……

  ダイエットをする。
  禁煙をする。
  収入をあげる。
  英語を身に着ける。
  売上を伸ばす。
  彼氏(彼女)を作る。
  結婚する。
  本を100冊読みたい。

とは、良く聞く言葉であるが、果たして、それって、毎年、同じ事を言ってい
ないだろうか?何故できないか?の一番大きな原因は本気じゃないからである。
それは目標ではなく、ただ願望を言っているだけだからである。願望は願望で、
終わらせるのも良いが、毎年願望を言って、今年も一年が過ぎて、そして気が
つけば5年や10年が、あっという間に過ぎてしまうのも悲しい話である。

そうならない為に、まず

 『願望を目標にして、行動計画に落とすのである』というのが重要な作業と
なるのである。そして、「行動計画に落とす」のに、手っ取り早いのが、先行
スケジュールを作ることなのである。


 「 英語を身に着ける。」

と、毎年、言っている人がいれば、TOEICの試験を無理やり受けるスケジュー
ルを入れてしまう。サイトに行けば、もう今年のスケジュールは発表されてい
るのだ。


試験日だけ見ると、今から申し込めるのは、下記の7回。
3月13日(日)
5月29日(日)
6月26日(日)
7月24日(日)
9月11日(日)
10月30日(日)
11月27日(日)

これを、自分のスケジュール帳に書き込む。そして、できるだけ、各回の目標
点数を書き込む。解らなかったら、最低限、最終の11月27日(日)の目標点数
を書き込むのだ。

後でではなく、今すぐやるか、いつ時間を取って書き込むのかを、今決めるの
だ。


  「 ダイエットをする。」

と、決めたのであれば、手帳を空けて、2011年12月11日(日)の覧に、
「ホノルルマラソン出場」と記入する。マラソンがいやなら、1月6日の覧に
お菓子を食べるのを止めると記載し、2月1日の覧に、目標体重を記載すれば
良い。


  「 年収を1000万円にする。」

というのも良く聞くフレーズだ。では、年間で考えると、83.4万円×12ケ月の
はずだ。1月に、その確保ができていなければ、3月〜12月の10ケ月で1000万
円の収入が必要のはずだ。100万円×10ケ月=1000万円を上げるために、3月1
日に「月収100万円」と、まず、手帳に書く必要がある。


さて、年始最初のメルマガのポイントは、目標は、


   1.『目標』と『願望』は、明確に分けること。
   2.『目標』は、数値化して、手帳に記載して計画にすること。


そして、3番目は、


目標というのは、逆算で考えないと必ず失敗するということを明確に意識する
ことだ。

さて、ボクも、今週を使って、手帳をもっともっと、汚そうと思っている。
皆さんも頑張って、良い一年にしましょう!まず、『目標』と『願望』を分け
てくださいね!









  • 2011.01.06 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 14:09
  • -
  • -
  • by mark403

習慣的な思想が現れるメモ学


このエントリーをはてなブックマークに追加


何冊も本を読んだ記憶がある。

それは、ノートにまつわるモノとメモにまつわるモノである。昨年あたりは、
東大生のノートであるとか、ノートは一冊の本にまとめなさい的な本とかが、
流行っていた。この流れは、今だに続いており、何でもかんでもノートにまと
めるという方も増えているのは確かの様だ。

それと逆行する様に、何でもiPhoneなどのスマートフォンで管理しようとする
人もいる。これらは、自他共に、自分達をアナログ派、デジタル派と呼び、そ
の良さを主張する人達が沢山いる様だ。管理方法自体は、山の様にあるはずだ。
それぞれ自分にあった方法を見つけるべきだと思う。


     


そういうボクも、今年は大いに揺れている一年であった。

5月にiPadを購入してから、iPadで、全ての打ち合わせのメモや思想の記録を
しようとしたのだが、うまくいかない。何故か考えたのだが、人間の思考回路
っていうのは、どうも、ランダムに派生するものらしいからだ。

どういう事かというと、仕事の資料づくりをしていた最中に、明日のゴミ出し
のことを思い出し、資料づくりを一旦中断して、ゴミ出しの段取りをしている
最中に、今日中に入金しておかないと、銀行の引き落としが間に合わないとい
う事を思い出す。という様に、頭の中は、同時並行に色々なことを考えている
のだ。

当然、そんなときは、朝からTO DOリストを作り、ひとつづつこなしていくこ
とになるのだが、それでも、漏れや追加のTO DOが次から次にできてくること
がある。困ったものだ。

いや、困ったことでもないのかも知れない…。逆に活用すれば良いだけだ。

ある企画を考える場合、全然、関係ないことが実につながってくることが多い。
それに対応できるのは、iPadよりも、紙と付箋の方が断然便利だ。ということ
で、最近、ボクは、iPadでメモを取るのをやめて、ノートと付箋で、思考管理
をすることにしている。

打ち合わせのメモ、その時の資料、その時参加された方の名刺、そしてポイン
トは、もちろん。何月何日に考えたこと、テーマなどもノートに記載している。
それに、テレビなどのコメンテーターが言っていた意見などのメモも記載して
いる。そして、ランダムな思考は、付箋に張り、どのページにも、張替えがで
きる様にしているのである。

   名刺にしろ、ファイルにしろ、
   これらのメモにしろ、
   情報整理は時系列で整理せよ!

というのが、ボクの持論であり、パソコンのフォルダーも今メインのものは、
「2010」と名のフォルダーだ。来年になれば、「2011」というフォルダーを作
り、必要と思われるものだけ「2010」のフォルダーからコピーしてくる。

こうして、数年管理しているが、この管理の仕方が一番管理しやすいと、ボク
は思っている。

メモ学に話を戻そう。

さて、これらの書籍や論点は、どうも、パソコンで管理か?アナログのノート
で管理か?という様な方法論に陥ってしまいがちで、どうもいけない。という
のは、これらの管理方法と同時に、何をメモするのか?という議論や論点が、
あまりないからだ。

では、何をメモしているのだろうか?

セミナーで、例えば、3メディアというキーワードが出てきたとする。すると
3メディアとだけメモを取る人がいる。実は、話をいくら書き写しても、何の
実力にもならない。そこには、自分が何をするのかのTO DOがないので、行動
に移せないのである。自己満足のみで終了するのである。

では、どうしたら良いのか?答えは簡単。自分の行動に置き換えてみるのであ
る。3メディアとメモを取るだけでなく、3メディアというキーワードに対し
て、自分の意見を明日Twitterでつぶやくと書くのである。別にTwitterでなく
ても、

・3メディアについて、明日、○○先輩に聞いてみる。
・1ケ月以内に、3メディアについて、社内で勉強会を開いてみる。
・Facebook内に3メディア研究会のコミュニティを作り、研究してみる。

と、自分の行動に置き換えてみるのだ。

今日の結論を書くのであれば、メモはデジタル管理でも、アナログ管理でも、
どちらでも良い。それよりも、もっと大切な内容は、そのメモの中身だ。

自分は、この打ち合わせやセミナーやテレビのニュースを通じて、何をすべき
なのか?そこを考える。その姿勢をできる限り持つ。それが「メモ学」の基本
中の基本と思える。

さて、皆さんも、来年の手帳を買った方も多いと思うが、
どの様なメモを、その手帳に書くのだろうか?

考えてみては如何だろうか。すべてのメモは、未来の自分が行動を起こすため
にあるのかも知れないからだ。













  • 2010.12.14 Tuesday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 18:54
  • -
  • -
  • by mark403

あり得ない数字を産み出すためのありえない行動


このエントリーをはてなブックマークに追加

マリナーズのイチロー本を読んでいた。

ボクは、彼は天才ではなく、努力家だと思っている。あり得ない記録を打ち立
てる為に、あり得ない位の努力をしている。努力じゃないな、習慣だったり、
考え方と言った方が近いかも知れない。




そのあり得ないことを成し遂げる為に。

先日、ご紹介した「発想の道具箱」という本の中に「逆リニア発想法」という
モノが紹介されている。これは、先にゴールを決めて、それに近づく為に、ど
うするのか?を逆算していく方法だ。この発想をして大成功を納めたのがジョ
ブスだ。

ジョブスは、iPodを開発する時、現状あるミュージックプレイヤーからの発想
は一切なかった。より小型で、より受け入れられるなんて考えてなかったわけ
だ。そう、彼は「make better」なんて考えていなかったわけで、常に、
「make new」であり「make different」なのである。



そう考えると、囲碁の世界は、完全に「逆リニア発想法」で構成されている。
対戦の最終形をイメージしてから、勝負を進めていくというのが、本当のプロ
であろうというのは容易に想像がつく。

そして、きっと、イチローの頭の中は、幼い頃から「逆リニア発想法」であっ
たに違いない。小学生で野球をしてた頃から、大リーグで活躍している自分の
ことが、明確に見えていて、それまでの自分は、どうあるべきか?を考えて行
動していたに違いない。

そうか、ならば自分はどうだ。

何となくだが、来年の手帳に売上3000万円と書いた。自分の人生の中で、そろ
そろ沖縄に民宿を作る資金が必要であるからだ。となると、1月〜4月までに、
1000万円位の売上が必要となる。個人事業主で、粗利が80%位ある商売スタイ
ルをしてて、売上1000万円は、相当、ハードルが高い気がしないでもないが、
とりあえず計画を作る段階では、何でも書ける。

受託事業は不安定になるし、来たらきたで、こなしていけると想定して、一旦
セミナー実施において、この1000万円が達成できるのか計算してみた。

単純に考えて、

ひとり3000円のセミナーで、100人集客できれば1セミナー30万円。30万円の
セミナーを期間内34本実施できれば、売上1000万円クリアだ。もっと5000円で
集客できるセミナーなら、どうだろうか?5000円、100人で、1セミナー50万
円。50万円のセミナーを期間内20本実施できれば、売上1000万円クリアだ。

そして、誰を講師に呼ぶのか、当て込んでみている。また、それが現実的なの
か?色々とシミュレーションをしてみている…。で、本日のメルマガで、何を、
伝えたいのか?というと「あり得ない数字を産み出すためのありえない行動」
をしてみるということだ。

ボクも、4ケ月で1000万円売上を作ろうと思えば、週2回セミナーを実施して
いる位になるだろう。かつて、GIGAZINEの山崎氏が講演で語っていた。

  1日、1本の記事を書いていてもアクセスが伸びなかったので、1日
  7本記事を書くことにした。そして、それを毎日続けた。そしたら、
  除々にではあるが、ライバルサイトと差がつけれる様になった。

と。そう、当たり前のことを当たり前の量をこなしていても、当たり前の結果
しか出ないはずだ。当たり前ではない事をするのは、なかなか難しいが、当た
り前の事を、当たり前ではない量をこなすことはモチベーションさえ高く維持
し続ければできる可能性はあるはずだ。そう「あり得ない数字を産み出すため
のありえない行動」とは、当たり前の事を、ありえない量をこなす事であるは
ずだ。

さて、ボクの1〜4月のセミナー計画は、現状28本となっている。それだけ、
実施できるのだろうか?今週は、その検証をする。

皆さんは、来年、何をあり得ない量を実施するのだろうか?

JUGEMテーマ:ビジネス








  • 2010.12.13 Monday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 08:40
  • -
  • -
  • by mark403

バブルを狙え!その重要ポイントとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

写真素材 PIXTA
(c) kotom写真素材 PIXTA

「大学生はTwitterをフォローしない」
というNEWSをTweetしていた方がいたので、その該当ページを見に行ってみた。


こちらのページから引用すると。

   大学生にTwitterの今後利用意向を聞いたところ、大学生の57.0%が
   Twitterを「利用したくない/し続けたくない(計)」と回答。今話
   題のソーシャルメディアであるTwitterが大学生にとっては魅力的で
   はない可能性を示唆しました。

とある。また、その非利用理由の上位を尋ねると「興味がない/なくても困ら
ないから」「常に更新しないといけない感じがする/面倒くさいから」が上位
を示しているらしい。いやはや何ともである。

そう言えばで思い出すのが、物欲がない若者というキーワード。

「車が売れない」「酒を飲まない」「デートのために頑張らない」「旅行にい
くより自宅でのんびり」「1マイル消費者」というのは今の若者を象徴する言
葉としては、すっかり定着している感じがする。しかし、個別の問題はともか
く、不景気しか知らない若者であること、その上で賃金が安いとか、就職難で
あるとか、マイナス要素が多い社会の中で、派手なことを避ける傾向にあると
いえば、そうなのだろうと考えてしまう。

ハレの消費を促進するには、今の若者では無理なのだろうと、考えてしまう。
「車が売れない」のは、欲しい車を作らないからだ。という議論もあるが、そ
の前に良くてコンパクトカーしか買えないのだというのが、正しい認識ではな
いだろうか?

若者がダメなら、もっとアラサーとか、アラフォーとか、狙え!というのが、
今の流れになっているのだろうが、時任三郎と麻生祐未が出演するモバゲーの
テレビコマーシャルなど、良い例だといえる。

さて、その流れで、いくつか事例が出てきているので、見ていきたいと思う。

大阪の阪急インターナショナルが企画している1泊100万円の宿泊プラン。100
万円の中には、セスナでの遊覧やリムジンで大阪市内で移動したり、バラ風呂
を用意してくれたり、そんな本当にバブルそのものをプランニングしている。
考えようによっては、面白いサービスかも知れません。

一休で、クリスマス一番高いコースで、ひとり69,300円のコース。バブルの象
徴であるドン・ペリニヨン+ロマネ・コンティ付というのが泣かせる設定だ。
だが、それでも人が入るのだろう。提供されているのは東京赤坂にあるフラン
ス料理店「ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ」。

3.エルメス[HERMES] バーキン

楽天で一番高いバックは、何だろうか?と調べると、やはりバーキンだ。今、
見ると1600万円が最高であった。しかし、このバックをオンラインショッピン
グで買う人がいるのか?というか買える人がいるのか?は少々疑問だが…。

その他、バブル世代ネタとしては、今年の11月には、ジュリアナ東京が一日だ
けの復活というのがあった。

さて、どれも実は、それ程驚きの事例というよりも想定内の範疇といえるが、
調べてみて解ったことは、もし、ボクがアラブの石油王であって、湯水の如く
お金が使える立場であったとしても、ハイクオリティのサービスを探すのが、
今、難しくなっている感じがする。

本当にバブルの頃であれば、銀座で一晩1000万円位使う会社の社長がいても、
全然、珍しくなかったわけだが、今、もし、そんな人がいたら、目立って仕方
がないだろうし、その社長自体が「今は、そんな時代じゃないよ」と自粛して
しまっているじゃないだろうか。

若者が車を買わないのもどうかと思うが、バブル社長が、一晩1000万円位使う
ことを自粛している雰囲気も、今の時代問題かと思っている次第。

一日、不動産など資産ではなく消費の名目で1000万円、何か買えるという設定
で色々と見てみて下さい。もしくは、一日、彼女と100万円でデートに行くい
う設定で、何をするか考えてみてください。

以外と選択肢が少ないことに気づくはずだ。
逆に考えれば、そこにビジネスチャンスがあるともいえるのだ。









  • 2010.12.07 Tuesday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 13:28
  • -
  • -
  • by mark403

あてうらるとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

あてにしていることが、裏切られることが、あてうらる。なんていう言葉はありません。しかし、あてうらると検索してみると、多分、このページにあたると思う。

なんで、こんなブログをポストしているかというと、マーケティングコミュニケーションを、マーコムと略してメールを打ってくる人がいて、それって何?って調べたら、意味が解ったということがあり、それなら略語を作って、ブログに書いて、その言葉を、あちこちで使えば、

「それって何?」っていう検索をかける人が出て、サイトのプロモーションに役立つかも。って思っております。

ということで、あてうらるって、Googleで検索をかけて、上位に来ることを見計らって、下記の「営業メルマガ」で、告知してみたいと思っております。

ご興味のある方は、下記、メルマガでご登録を!








  • 2009.07.26 Sunday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 19:10
  • -
  • -
  • by mark403

正義で地球は救えない


このエントリーをはてなブックマークに追加

全然、うといのですけど、メルマガで政治ネタをしてしまいました。本当に、自民党って、どうするんですかね?

「玉砕?」


本日の「新規開拓&集客のネタ」 「正義で地球は救えない」
=================================
なんだかテレビをつけたら、「麻生さんや政府の話題」及び「サントリーとキリンビール」の話題だらけの週明けっていう感じだ。

それは、それで良いとしても。
僕は政治のことを全然解っちゃいない。第一、解散と辞任と、どう違うのか?問責決議案とか、両院総会とかも、なんのために誰がやって頑張っているのか、実は、全然解っちゃいない。世の中の方は、解っているのだろうか。

テレビの解説者は、当たり前の様に語っているのだが、皆解っていないのじゃないのかと思い、僕も、ちょっとだけ勉強の意味で調べてみた。

まず、登場人物として、どうやら、自民党の中に「麻生支持」「反麻生」の2種類の方々、そして「民主党」を始めとする野党。大きくわけて、この3種類が、いると思っている。(大雑把っていう意見もあるだろうが…)

で。
まず、日本は三権分立。つまり、国家権力を立法権・行政権・司法権の三権に分立するというのが基本。これは、中学の社会の教科書で習った通りである。

その上で、
「立法権」⇒国会、いわゆる議員さんっていう人達。
「行政権」⇒行政、いわゆる霞ヶ関とか、地方の自治体とか。
「司法権」⇒司法、いわゆる裁判所。

という分け方がある。それで「行政権」を一番偉い人を「立法権」で決めるわけ。つまり「行政権の中で一番偉い人」=内閣総理大臣を「立法権」=国会で決めるということだ。

で。国会の中には、衆議院と参議院とがあり、日本国憲法の中で衆議院の優位性がうたわれており、衆議院と参議院が異なる意見の場合は、衆議院の意見が国会の意見となるということになる。つまり、衆議院が主で参議院がオブザーバー的な役割なのだ。

で話は、最初にもどるのだが「解散と辞任」の違いは、

「解散」⇒麻生さんにとっては、唯一の権利であり、自主的に衆議院を解散して、自民党のお飾りじゃなかったところをアピールしたい。
「辞任」⇒ここまで、国民の印象が悪いのは麻生さん個人の資質の問題。とりあえず辞めて、選挙は違う人で戦いたいという、反麻生さんの自民党議員。

ふ〜ん。なんか、調べて損をした感じで、はっきり言って、どうでもイイ感じ。要は、麻生さん個人の責任なのか、自民党としての連帯責任なのか、党内部で、もめているだけじゃん。なんていう、言い方もできるので大局に影響ある問題ではない気がしてきた…。

ついでに、問責決議のWikipediaのページ
http://bit.ly/9f0sX

内閣不信任決議のWikipediaのページ
http://bit.ly/RfqGh


そんな目の前のことよりも、前にも紹介したかも知れないが、池田 清彦氏と養老 孟司氏の著書「正義で地球は救えない」の中にあるのは、現在、日本で長期に取り組まなければならない問題は、エネルギー問題と食料問題だ。
と指摘されている点。

・石油枯渇時に、石油なしで、どう日本は対応していくのか?
・人口が爆発的に増えて来て、世界的な食料不足が見えているのに、食料自給 率が40%をきっている日本は、今後、どの様に対応していくべきなのか?

この2つの大問題を、どう生き抜くのか?が問題であって、高速道路1000円にして景気対策としている場合じゃないと、僕は思っている。

そりゃ景気対策も年金問題も消費税の問題も大切だと思うが、食料問題はどうなるんだろうか。それは、麻生でも、反麻生でも、民主党でも、イイのだけど、その問題自体が問題視されていないことに対して、どうなんだろうか。と、ふと不安に思ったりする。

正義で地球は救えない
http://bit.ly/19gyZW

金太郎飴的なTV番組も、ちょっと問題かもと思いながら、色々な視点の本を読んでみるのも良いかもしれない。








  • 2009.07.14 Tuesday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 15:05
  • -
  • -
  • by mark403

今日のメルマガで書きました「Twitter」ネタの原稿です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のメルマガで書きました「Twitter」ネタの原稿です。
========================
本日の「新規開拓&集客のネタ」 「Twitter」
========================
月曜日である。

今週は、明日の夜、僕のSEOのセミナーが、来週には、タガヤコージのセキュリティのセミナーが、再来週には羽田氏のSEMのセミナーが開催される。よければ、お越し頂いて、一緒に勉強したいものである。

特に、昨今のニュースでも話題になっている北朝鮮のサーバー攻撃の動き。サーバーセキュリティに関する話題も、特にここ数年、国際的な対応に迫られている感じがある、その辺の話題も、来週のセキュリティのセミナーでしてみたいと思う。

『インターネット技術力アップセミナー』申し込みは、下記から。
http://gs.dhw.ac.jp/news/090630/


さて、本日の話題は『Twitterのクリック率がすごい』。ということに触れてみたい。いや、今だけかも知れないが、このTwitter、とりあえずマーケティングに活用する要素は充分にあるのだ。

というのは、例えば、このメルマガのクリック率。
10000部発行してて、毎回、ある程度読んでくれている方が半分の5000名と仮定する。そのうち、何かのURLをクリックしてくれる方は、仮に1/100としたら、50人の50クリックが生まれる計算となる。つまり、50クリック/10000部と仮定すると反応率は0.5%となる。

ところが、これが、Twitterの場合だと、僕のことをフォローしてくれている人、つまり、僕のつぶやきを読んでいれている人が現在30人程度。そして、そのつぶやきにリンクしているURLをクリックする人は、現在10〜15名程度いるのだ。

つまり、1/2〜1/3がURLをクリックしてくれる計算となる。
そりゃ、それが明らかに広告誘導ではないことが解っているので、皆、クリックするという面はあるのだが、このクリック率は、すごいの一言である。

フォローする方々の思考では、リアルタイムにクリックし、そのURLを確かめておかないと、もう2度と、そのサイトには、たどり着けないという即効性もあるし、もともとフォローしている人との信頼関係も築けているということもあると思う。

だが、50クリックを生み出すのに、1万部発行を必要とするメルマガと比較して、Twitterでは、50クリックを生み出そうとすると、計算上では、せいぜい200人にフォローをしてもらえれば、同等の数字は稼げる可能性が高いと思われる。

現在、僕がフォローしている人で、フォローされている人数が高そうな人といえば、下記の様な方々。

サイバーエージェント社長 藤田晋 3,812人
https://twitter.com/susumu_fujita

元ライブドア社長 ホリエモン 12,804人
https://twitter.com/takapon_jp

「百式」管理人 田口元4,946人
https://twitter.com/taguchi

数千人からフォローされているということを考えれば、彼らが書くコンテンツから1000クリック位を生み出すことは、それ程、難しいないということだ。

1000クリックといえば、
メルマガなら、10万部発行のメルマガの1%のクリック率
ブログなら、2万PV/日の5%のクリック率に匹敵するクリック数だ。

また、1000クリックをリスティング広告で生み出そうとすると、単純計算で単価100円で10万円かかるし、300円なら30万円かかる計算だ。

さらに、一般の店舗系がTwitterを活用した場合、タイムサービスとか、リアルタイムのクーポン発行とか、雨の日サービス、女性だけのサービス。また、キャバ嬢やホストなどの夜の世界の人達の集客にも活用できるだろう。

いかがだろうか?
Twitterをマーケティングツールとして活用した場合、それだけメディア価値が高いということになる。

が。残念ながら商業利用が横行した際に、急激にメディア価値(信頼性)は下がる可能性が高いと思う。ということは、活用するなら今しかないかも知れないということ。もし、貴方が、まだTwitterを使っていないのなら、まず、始めて研究してみることをおススメしたい。

Twitter
http://www.twitter.com

塩見のTwitter
http://www.twitter.com/mark4033


Twitterに関しては、また、いつか、続編を書いてみたいと思っている。








  • 2009.07.13 Monday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 11:26
  • -
  • -
  • by mark403

SEOの基礎知識 1


このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガネタを貼っておきます。
==========================
本日は、SEOの基礎的なお話をしたいと思う。

基礎編なので、知っている方は「ウンウン、当り前だよなぁ〜!」位で、読んで留めていて欲しい。が、意外と、この辺の基礎的なことをやっていないサイトが多いので、記載しておく。

■SEOの考え方の基礎

細かいことは抜きにして、SEO対策の基礎は「被リンク数」と「キーワードの出現率」である。これは、今も昔も変わらない。つまり「被リンク数」をひとつでも多く増やす。「キーワードの出現率」をスパム扱いされない程度に、サイトに散りばめる。というのが基本だ。

そのため、SEOを専門にしている業者の方々は、極端に「被リンク数」を増やしたりするケースもある。この方法だと急激に効果がでることもある。が、逆にいつ何時Googleからスパム扱いされるリスクも0ではないことを覚えていて欲しい。

で。このメルマガでは、あくまで基礎的なことで、

「普通、これ位、外注しなくても、自分たちで、できるはず。
 いや、最低限は、やっておくべきだ!」っていうポイントを記載をする。


■まず、ページ内のキーワードありき。

WEBサイトをリニューアルをする。
その際、貴方のページにキーワードは、どの程度含まれているだろうか?
紅茶を販売しているページに「紅茶」というワード。ビールを販売しているぺージに「ビール」というワードが入っていない様では話にならない。

まず、貴方のサイト内のキーワード出現率を気にしよう。
「キーワード出現率」の無料チェッカーは、ネット上で無料で転がっているので、貴方の使いやすいものを選ぼう。

例)FC2 キーワード出現率チェッカー・他
http://seo.fc2.com/

ここで、キーワードが5%程度以上だと、概ねOKという感じだろうか。



■キーワード周辺の検索状況を知ろう

その上で検索されているワードの総数を知ろう。月に100しか検索されていないワードで1位をとってもマックス100しかアクセスは稼げない。それを、まず調べるなら、下記のサイトに行ってみよう。

Ferret+
http://ferret-plus.com/

ここで、例えば「紅茶」を検索すると

1.紅茶    30,160
2.紅茶きのこ 16,530
3.午後の紅茶 14,790
4.生姜紅茶  12,760
5.シンガポール 高島屋 紅茶 10,150  などが上位に表示される。

貴方のサイトの扱いは、どうであれ、紅茶関連では「紅茶きのこ」や「午後の紅茶」なども重要なキーワードであるということを認識して、その対策を考慮していかなくてはいけない。

これは、何もB TO Cだけの話ではない。B TO Bでも、考え方は同じことだ。
例えば「半導体」で検索をかけると、下記となる。

1.半導体    11,310
2.パワー半導体 11,310
3.信越半導体 5,400
4.半導体とは 5,400
5.傾斜センサ半導体 5,400

数字が重なっているのは、ちょっと怪しいが、少なくとも半導体を扱っているのであれば「パワー半導体」「信越半導体」「傾斜センサ半導体」などの情報は、押さえておきたい。

ついでに「ナット」でも検索してみた。

1.ウォールナット Yチェア  14,700
2.ホイールナット      12,470
3.ロックナット        9,000
4.ダブルナットとは      8,000
5.ボルトナットアンカー形状変更 7,500

5位の「ボルトナットアンカー形状変更」って、何(笑)?

異業種業界なので、何のことか解らないが、このキーワードを可能な限りサイトに入れる、そしてアクセスを稼ぐ。ブログなど書いているなら、なおさらキーワードを意識しておきたい。もしネジ屋の社長だとしても、

「大田区ネジ屋の社長ブログ」など、頭が悪そうなタイトルにしなくて、「ウォールナット Yチェアの扱い高日本一のネジ屋の社長ブログ」とかにする。ウソだとダメだが、できるだけアクセス数が多いワードを使うように心がけするだけで随分アクセス数がアップする。

まず、「キーワードありき」。ここのチューニングが、まず、一つ目のポイントとなるので、まず、やれるところから、実施して欲しいものである。

長くなりそうなので、この続きは、また明日!








  • 2009.05.22 Friday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 07:59
  • -
  • -
  • by mark403

PPC広告の位置づけ


このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガネタを貼っておきます。

=====================
少し精神論が続いたので、本日はネットの広告戦略の基本に触れてみたい。

ネット上の代表的な広告手法として「PPC広告」がある。
PPCとはPay Per Clickの略で、いわゆるGoogleアドワーズやYahooを中心としたオーバーチェアなどのリスティング広告手法のことをさす。

ところで大企業。いわゆるナショナルクライアントは、PPC広告には殆ど出稿しない。何故なら大企業はネットをブランディングの一環として捕らえている企業が多く、そのニーズとPPCの広告手法が一致しないケースが多いからだ。

その一方で、日本の大部分を占める中小零細企業がネット広告をする場合、まず実施に踏み切るのが、このPPC広告だ。それだけ手軽で、ダイレクトなレスポンスが期待できるからだ。いわゆるPPC広告は、ダイレクトレスポンス広告の代表格なのだ。

ここまでは、周知の事実だろう。
だが、ここからは、もう少し踏み込んでお話がしたい。

というのも。
数年前から、PPC広告+アフリィエイトまではしたが、
その後、「どの様な広告展開をしたら売上が伸びるのか?」と、伸び悩んでいる中小企業が実に多いという事実があるからだ。

つまり、100万円売上を上げるのに広告宣伝費が20万円かかったとする。
その時、PPC広告に20万円投入しギリギリ100万円の売上をあげている企業は、PPC広告に40万円投入しても200万円の売上を上げる事はできないからだ。

効率的には、売上をドンドン上げようとすると、広告の費用対効果はドンドン悪くなる。

広告宣伝費にかけれる予算が20%であれば、初期は10%程度。つまり10万円のPPC広告の予算で100万円の売上を上げておかないと、200万円売上が必要な時に、初期のPPC広告にプラス30万円の別広告の予算かけて、200万円の売上を得る方策を取らなければならない。

しかし、もっと極論をすれば、200万売上を上げるのに40万円かけてしまえば、同じ理論で、200万円以上の売上を期待するのは不可能である。

と。言っていればキリがないのだが。

結論的には、アドワーズ、オーバーチェアなどのPPC広告(リスティング広告)から、次の一手を展開をしようとすると、費用対効果がガクっと落ちる事だけは覚えておいて損はないだろう。

また、僕自身、使ったことがないので、何とも言えないが、PPC広告は、何もアドワーズ、オーバーチェアだけではない。サイバーエージェントからスピンアウトした「マイクロアド」や楽天グループになった「楽天ぴたっとアド」など、どの程度、今後伸びていくのか?今後期待を込めて、注目してみたい。

マイクロアド
http://www.microad.jp/

楽天ぴたっとアド
http://pitatto.rakuten.co.jp/








  • 2009.05.21 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 15:56
  • -
  • -
  • by mark403

250人の法則


このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガネタです。いわゆる、普通の人の人脈は平均、250人〜300人いるという話です。では、下記、メルマガネタのコピペです。
=================================

ジョー・ジラードは言う。

葬儀屋や結婚式関係者に参列者の数を尋ねると、皆が口を揃えて言う。
「私の経験則だと、平均250人ですね」と。

ジョー・ジーラドとは、別のシーンで、
独立開業する時、何人の方に「私が独立開業しました」とメールや手紙が出せるとイイのか?って議論したことがあり、その際「最低、300人にお報せが出せない人は独立してはダメだ」という話をしたことがある。

つまりだ。
何が言いたいかというと、常に、貴方のまわりには、潜在顧客が最低250人程度は存在するということだ。

もう一度言う。
「貴方のまわりに、潜在顧客は、常に250人は存在する」である。

「そんなことありませんよー。食材を売っているのであれば、イザ知らず、うちの商売は、B TO Bなんで、そんな簡単にはいきませんよ」と思っているそこの貴方!

そんなことはありません。下記の数字をみてください。解りやすいように、250人ではなく200人で計算しても。

貴方の知り合いは200人。
貴方の知り合いの知り合いは200人×200人=4万人
貴方の知り合いの知り合いの知り合いは4万人×200人=800万人
となる。

もし、貴方が、中小企業の社長相手のB TO Bの商売をしていたとしよう。貴方は、貴方の知り合いに「貴方のまわりに、○○の悩みを持っている社長がいれば、是非、私のことをご紹介ください。私が悩みを解決できるかも知れません」とプレゼンしたとしよう。

すると。
貴方の知り合いの200人は、勝手に、自分の知り合いで該当者がいるか?
考えてくれる(はず)。

日本の法人組織が、200万社と仮定すると、50人にひとり位、社長がいる計算となるので、貴方の知り合いの知り合いには800人(4万人/50人=800人)の社長がいる計算になる。

もちろん計算上の話だし、この様にうまくいくとは限らない。
しかし、本当に、貴方に信頼を寄せる潜在顧客を見捨てて良いものだろうか。

1ヶ月に一度でイイので、年賀状リストを取り出して、季節のお便りかメールを贈る習慣を身につけるのは、どうだろうか。長い事業活動の上では、結構、差がつくと思われるが。

【今日の参考書籍】









  • 2009.05.14 Thursday
  • LifeHack−考え方や習慣
  • 08:57
  • -
  • -
  • by mark403

<< | 3/4PAGES | >>